「否定」は「自己確立」のプロセス

 

否定してしまうのはなぜか?

 

 

それは、

自分の中に

自分への"疑い"があるからです

 

誰かの主張によって

自分の中で信じていたハズの
自分の"正義"が揺れるから

あれ?
私、間違ってる!?

と、

怖くなる

 

だから、

誰かを"否定"することで

揺れを止めようとする

自分の"正義"を

肯定しようとするのです

 

 

しかしながら、

誰かを"否定"することで
自分を"肯定"できるのは

一瞬です。

 

一時的には、

消し去ったとしても

いずれまた、

別の、

誰かの正義によって
揺らされるでしょう

 

 

結局、

自分で自分を認めて
自分を信じない限り

不安が消えることはありません

一生、

誰かを否定し続け
自分を疑い続けて

揺れていなければいけない

 

 

それは、

ひどく、苦しいことです

 

 

もし、今、あなたが

否定をしたくはないのに
否定せずにはいられない

そんな"自分"が嫌で

葛藤しているのであれば…

 

まずは、

誰かを"否定"してしまう
自分を否定しないことです

否定とは、

自己確立のプロセス

あなたは、

今、

自分を創っている

真っ最中なのですから!

 

 

誰かを否定してしまうのは
誰かの"正義"の反対側に

弱々しくても

自分の主張が隠れているからです

隠れた主張こそが、自分

そこに"自分"があります

 

 

だから、

隠れている"自分"の手を取り

明るい場所へと

やさしく導いてあげましょう

 

あなたのその"主張"は
間違ってなんかいない!

私は私

これでいい!

と。

認めてあげるのです

 

 

そうやって、

自分を"否定"することをやめれば
誰かを否定することもなくなります

 

誰かを"否定"する裏側には

自分を"否定"する
自分がいるものです

 

だから、

誰かを否定したくなったら
必ず、思い出してください

そういう自分を否定せず
認めて肯定していくこと

自分を信じてあげることを

 

その積み重ねを

私は、

"愛"と呼びます

 

 

自信とは、

自分に"愛"を注ぐほど
"強く"なっていくもの

 

 

一番、

自分を愛せるのは

自分自身です

 

今、

あなたは"自分"を愛せていますか?