「なんで結婚しないの?」という質問は「攻撃」の一つ

 

質問をされるのは、怖い

 

それは、

例えば、

「結婚してる?なんでしないの?」
「子供はいるの?いらないの?」
「就職は?この先どうするの?」
「今、何してるの?何もしないの?」
「どこ目指してるの?ビジョンは?」

といった、

人生観に触れる、質問

 

 

なぜなら、

まだ、

自分でも"答え"が
解かっていないから

薄っすらと"答え"に気づいてはいても
その答えに"自信"が持てずにいるから

自分の努力だけでは
どうしようもない…

永遠に答えがでない
"問い"もあるから

 

 

そんな

無防備で、危うい

曖昧な自分の"答え"が
質問されることによって

バンッと

"心の扉"の外へ
引っ張り出されて

自分ではない
誰かによって

ジャッジされるからです

 

飛び出た"答え"は
"ひとり歩き"して

晒され

"悪意"なき
審判を受ける

・否定される
・慰められる
・説教を受ける
・アドバイスされる
・レッテルを貼られる…etc

 

 

あなたは、

ずっと、

こうした"結果"に

怒り

裏では、

傷ついていたのではないですか?

 

そして、

傷つくことから逃げるために
ピエロを演じ誤魔化してきた

いつもおどけて
笑顔で嘘を答え

やり過ごしてきたことを

 

私は知っています

 

"本音"を答えるのは
"勇気"を要するもの

"ジャッジ"されるのは
死ぬほど怖いことだから

仕方ありません

 

 

でも、

嘘の"答え"を
披露しながらも

本当は

こう思っていたのではありませんか?

 

これは、

私の"答え"だよ…!

買ったばかりの

真っ白なキャンバスと同じ

 

私は、

まだ、

私の色を塗ってないのに…!

どうして…
勝手に色を塗るの…?

"好きな色"で塗ろうと
大切にとっておいたのに

 

なのに…

返して!
真っ白だったキャンバス
私の"答え"を返して…!

私が"答え"を出す前に
勝手に答えを決めないで!

と。

 

 

でも、

自分の"外"に出た
自分の"答え"には

自分ではない
誰かの正解が

色塗られていく

それを"呆然"と眺めながら
こうも思っていましたよね?

 

もう、いい!

自分の答えなど
もう、見ない!

全部、真っ黒に塗りつぶしてやる…!
自分の"答え"など見えなくしてやる!

と。

 

そして、

質問してきた"誰か"を

憎み、蔑み、心を閉ざした

 

だから、

あなたは、きっと

質問攻撃をされたから
自分は傷つけられた!

と、思っているかもしれない

 

けど、

それは違います!

勘違いです

 

 

思い出してください

質問された言葉を
そっくりそのまま

自分に

突き刺し、切りつけ

傷つけたのは?

自分を世の中の"常識"に当てはめ
自分を変えようと無理強いしたのは?

紛れもなく

自分自身だということを

 

 

昔、

よく、

あなたの将来ビジョンは何?

と、

そう質問されたことが
沢山ありましたよね?

 

その時、

本当は、

目標やビジョン
なんてなかった…

 

でも、

常識的に

目標やビジョンは
あった方がいいと

"勝手"に思い込んでいたから
無理矢理生み出して答えていた

そうですよね?

そして、

偽りの将来ビジョンを立てて
嘘のアクションプランを作り

絡まった…

自分自身の"嘘"に絡まり
人生を複雑骨折させた、私

 

 

もう、"嘘"は終わりにしましょう

 

 

目標やビジョンが

無いなら"ない"と
そう答えればいい!

 

私は、

好奇心の赴くまま

その時、その瞬間

目の前に現れたワクワクを
追いかけるのが好きなんだ!

と、

そう、

声高らかに答えればいい!

それが生まれ持った"気質"を
喜ばせることに繋がるのだから

私達は、

どう在りたいのか?

それさえ決まっていればいい

 

 

答えが出ていない質問は
答えが出ないままでいい

待てばいい

そのままでいい

 

別に

永遠に出なくてもいい

 

答えが出ていない!

と、

素直に答えればいいのです

 

世界の8割以上の
人達が持っている

常識を
幸せを
正解を

持っていない"自分"を

攻撃してはいけない!

なんで?
どうして持っていないの?

って、

自分を責めてはいけない

やっぱり、

自分はおかしいのかな?
自分が間違ってるのかな?

って、

自分を疑ってはいけない

 

自分で"自分"を
裁いてはいけない

 

質問されたって

答えたくないのなら
答えなくたっていい

秘密

って、

素敵な言葉があるのだから!

不器用を愛しながらも
上手に生きていくこと

 

そして、

違うことは、違う!

と、

正々堂々

主張すること

自分を守りたいときは、守れ!

 

 

私達は、

言葉によって

傷つきもするけど
救われもするから

 

自分で
自分に

傷つく言葉を放って
攻撃してはいけない

傷ついている自分を
見捨ててもいけない

 

 

自分の答えを受け入れる
"包容力"を持つこと◎

 

 

私は、

包容力ある

"大人"になりたい

 

大人とは、

きっと、

器のきなのこと

 

どんな"答え"を
隠していたって…

私は私

我が儘を許し

"自分"をすっぽり包めるほど
懐の深い人間を目指していこう

私ならできます!