手酌上等!サラダはセルフで!

 

世界で一番マズいものとは?

 

 

その答えを、

私の中では、

"会食"と呼んでいます

 

まったく

味がしない

 

特に

何の繋がりもない
何も話が続かない
何も理解できない

けど

上下関係は明らかな
目上の偉い人と行く

"テーブル"の上だけは
大皿料理とお猪口が並ぶ

ちょっとだけ

カジュアルな会食が苦手です

 

 

なぜなら、

私は、

生まれ持った気質が故に
※HSS型のHSPという気質

人一倍

察してしまうタイプです

 

そのため、

緊張感のある"会食"では

その気質が

"ネガティブ"な方向に
すり減っていくからです

 

 

例えば、

大皿料理が運ばれてきたら

取り分ける?
取り分けない!?

で、ハラハラしたり

 

うわぁ!美味しそー

と、思っても

偉い人が話しはじめたら
お箸を置いて直立不動!

食べるの大好き人間にとっては
"拷問に近い時間"に感じたり

 

偉い人のドリンクを
探偵並みに見張って

変に空回ってしまいがち

 

その背景には、

何だかよく分からないけれど

気が利くって思われたい

そんな気持ちがあったと思います

 

 

さすがに

目の前に座る人達の
"グラス"の減りを

"血眼"で凝視する
自分を客観的に見て

何やってるんだろう?

と、

我に返ってからは
出世という言葉を

ゴミ箱に捨て

もう、

なるべく

堅苦しい場には
食事に行かない!

と、決めました

 

 

もしも、

この先、

万が一、

堅めの食事会に
参加するのなら

いっそのこと

フランス料理がいいです
(懐石料理は日本酒でお酌アリだからNG!)

 

お店の方が

お料理を盛り付けて運んで下さり
ドリンクもサーブしてもらえるし

コースなら終わる時間も、明確!

一見、

より、

堅苦しそうですが

私にとってはベストです◎

 

 

とにかく、

"本質的"にはカッチカチなのに
表面上は無礼講で行きましょう!

みたいな会食は

絶対、

行きたくありません

 

ホント、

そうした時間を楽しめる人や
"上手く立ち回れる"人達は

羨ましく、眩しい

しかし!

私には、ムリ

 

努力する気は"0"

 

私は、

そういう緊張カジュアル会食に
参加しなくていいということを

自分に許可します

 

 

勿論、

対等関係での

食事会には参加します

が、

そこでも

自分の中で

サラダ問題が勃発したり
ドリンク探偵が現れると

すごく

面倒だし、疲れてしまうので
最初にこう言ってしまいます

 

もう、

今日はセルフでいきましょう!

と。

 

ドリンクも

注いで、注がれてというよりは
手酌でも誰も気にしない空気感

が、

好きです。
(ただ、最近ではお酌のないグラスドリンクを注文するように!)

 

自分の飲み物を注文する時も

他にも誰か注文しますかー?

このくらいの軽さが理想的◎

 

 

でも、

こうした色々な"気遣い"を
自然にできる人がいるならば

すごく

有難いです

 

"サラダ"を率先して
取り分けてくれるなら

感謝、感謝!(笑)

 

 

とにかく、

多分、

私は、

食欲旺盛すぎて

食事以外の何か別のことに
意識を向けたくないのです

 

食事は、

私の楽しみのすべてだから!

 

 

昔は、

こんなんでいいのかな?

と、

気が遣えるように

頑張って、
頑張って、
頑張って、

張り詰めていました

が、

もう、いいです

 

 

これが"私"なので!

 

 

"本心"じゃない
"動き"はしない

 

自分が一番楽しい時間くらい
好きに愉しんで何が悪いの?

と、開き直ることにしました

 

気が遣えないヤツって
誰にどう思われたって

どうでもいい!

 

私は私

我が儘に

食べたいときに
食べたいものを

食べたいだけ、食べる!

と、ここに誓います

 

 

「私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》