365日、疲れている。

ねえ、あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ?(『生きてるだけで、愛』p.106)

これは、小説

『生きてるだけで、愛』の一説です

 

 

ホント、

こんなに共感できる
"叫び"は他にない

と、

断言できるほど

私は、

一時期、

ひどく、

疲れていました

 

 

なぜなら、

私は、

生まれ持った気質が故に
※HSS型のHSPという気質

わざわざ

自分自身が一番"疲れる"ことを
好んでやってしまうタイプだからです

 

刺激に弱いくせに
刺激を好むという

 

ある意味

自殺行為です。

 

ジェットコースターは"苦手"なのに
ジェットコースターを乗り回すような

ブレーキを踏みながら
時速100㎞で走る…

そんな"感覚"で生きていました

 

 

そのため、

生まれ持った"気質"について
知って、理解する前の"私"は

とにかく

365日、疲れている。

寝るのも、起きるのも、大変!

冒頭の小説のように

生きてるだけで疲れる

と、

日々、感じていたのです

 

更に、

そんな疲れが

積もり積もった、ある日

強制終了ボタンを押されたかのように
パタリッと漫画のように倒れてしまい

2~3週間

ベッド生活を余儀なくされました
(※数年前のお話ですが…)

 

 

思い返せば、

自分自身の"気質"を無視して
全速力で走っていたのですから

疲れて、当然

自分を知ってから
"猛省"しました

 

そして、

それ以来、

自分の中で

無理をしてでも
休みは確保する!

と、誓っています

 

 

私は、

どうしたって、

刺激に弱いけれど
刺激を好むタイプ

 

ですが、

そんな"自分"を
野放しにしておくと

刺激を受けて、疲れる(HSP)

疲れると"過敏"になる(HSP)

刺激を感じやすくなって、楽しい(HSS)

刺激をより求めてハイになる(HSS)

どんどん予定を詰め込む(HSS)

完全に疲労困憊(HSP)

でも、刺激を受けたい!(HSS)

倒れる。

と、なってしまいます

 

 

なので、

刺激を受けたい!と
駄々をこねて暴れる

"自分自身"を無理やりにでも
"家"で休ませることが大切◎

 

1アクション、1休み

 

多少、

人付き合いが悪くなっても、OK!

義務的に休ませます

 

 

あとは、

1日、

最低8時間以上の

睡眠時間を確保すること!

 

母曰く、

私が生まれた時
病院の先生から

こう言われたそうです

この子は線が細いから

必ず、"8時間"以上は
寝かせてあげてください

と。

それは今も同じく
死守項目ですね!

 

その他、

「初対面」以外は「人見知り」
「漢方薬」で「氣」を入れる
「筋トレ」で「鈍感さ」を鍛える
「何日空いてる?」だけはご法度

などの

対処法にしたがって

エネルギー管理をする

自分をコントロールすることも

非常に重要です!

 

今のところ、

↑こう意識してからは、

エネルギー切れは
起こしていません

 

 

進歩

 

 

とかく、

自分の中に

相反する"自分"が居ると
アンバランスになりがちです

が、

上手く

"バランス"さえ取れれば
人生は2倍楽しくなるもの

 

だから、

私は、

これからも、

心を"鬼"に

自分自身の"エネルギー"を
しっかり管理していきたい!

と、祈っています

 

 

「私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》