「筋トレ」で「鈍感さ」を鍛える

 

その昔、

細かいことを気にしない
大らかな人になりたくて

必死に

『鈍感力』(渡辺淳一著/集英社)

という本を

読み込んでいた時期がありました

 

 

しかしながら、

私が持つ

敏感さや
繊細さは

生まれ持った気質が故に
※HSS型のHSPという気質

変えることができません

 

それは、

"鈍感さ"も同じ

これも生まれ持った
気質と考えられます

 

 

なので、

どれほど"憧れ"たとしても
自分自身の"気質"を捨てて

別の"自分"になることは、不可能

生まれ持った"気質"を受け入れ

ポジティブな面と
ネガティブな面を

上手く

コントロールしていくが◎

 

 

とはいえ、

最近になって

過敏になってしまう性質を
いい塩梅に"調整"できる

素晴らしい方法を知りました

 

それが、

筋力トレーニングです

 

一見、

何の変哲もない

当たり前の方法にも感じます

が、

筋トレは、

敏感さを鈍らせる

効果があるようです!

 

 

そもそも、

一説によりますと、

HSP(Hightly Sensitive Person)は
危険を知らせるカナリア的な役割で

存在していると言われています

 

危険を察知しやすい

 

そのせいか、

私自身、

カラダが弱っていたり
"疲れている"時ほど

過敏になる傾向にあります

 

 

これは、

個人的な見解ですが、

カラダが弱ると

本能的に

より

"危険"に晒される
可能性が高まるので

敏感さに磨きがかかるのでは?

と、考察しています

 

あくまで"仮設"です

が、

実際、

私は、

筋トレを通して、

カラダを強くすればするほど
敏感さが弱まっていきました

今では、

過去に感じていた"刺激"も
1/5ほどに減らせています

 

 

また、

カラダが弱っている時は
逃げるチカラがないので

刺激を受け続けがちです

が、

筋力がつき

カラダが強くなると

瞬発力や
判断力もUP!

自分にとって

不要な"モノ、コト、ヒト"からも
上手く逃げられるようになりました

 

ホント、

"芸能人"の多くが
ジム通いをするのも

納得!

 

 

メンタル強化に効果抜群◎

 

 

ずっと、

単純に

美容やスタイル維持のために
あんなに厳しいトレーニング

大変だなぁ…

と、他人事でしたが(笑)

見られる仕事以外であっても
内面の"強さ"をつくるには

非常に

良い方法!

と、痛感しています

 

ココロとカラダは繋がっている

 

だから、

私は、

これからも

無理をせず

"自分自身"に合った
筋トレを味方につけて

我が儘に

楽しく生きられるよう

自分を鍛え続ける!

と、誓っています
(タンパク質摂取も忘れずに!)

 

 

「私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》