「つまみ食いキャリア」を誇る

 

何をやってもすぐに飽きてしまう

仕事もコロコロ変わって
まったく長続きしない…

こんな"自分"は人間として
どこか欠落しているのだろうか?

 

 

ずっと、

こう思い悩んでしました

 

 

本当は、

職人さんに憧れている、私

何か一つのことを究めている

そういう人間になりたくて…

何度も、何度も、何度も

挑戦してきました

が、

やっぱり

ダメです。

 

 

新しい事をはじめた

最初の頃は

自分でも驚くほどの
"集中力"を発揮し

寝食忘れるほど
"熱中"します

が、

ある程度

その物事の実態が掴めると
次に行きたくなってしまう

それはそれは

自分でも抑えがたい、衝動

どうすることもできない…!

 

 

勿論、

世の中には

認められないと知ってる

むしろ、

飽き性は良くない!

と、非難されることもある

 

だから、

ずっと、ずっと、ずっと

何か一つを究めようと無理をして
本来の"自分"を抑えてきました

が、

もういいです

 

 

私は、

もう、何も究めない!

そう決意しました

 

 

なぜなら、

それが、

生まれ持った"気質"を
※HSS型のHSPという気質

生かすこと

自分を生きることだ!

と、知ったからです

 

 

HSS(High Sensation Seeking)

私は、

刺激を大いに追い求める
"気質"を持っています

 

何も続けられなかったのは
何も続けたくなかったから

 

結果より、過程

私は、

何かを習得していく
過程が大事なのです

 

新しいことに取り掛かり
知っていく"過程"ほど

刺激的なことはない!

私は、

その刺激だけを求めている

 

 

そういえば、

母曰く、

私は、

子供の頃

家中の引き出しを、全部

ちょっとずつ開けて
中を確認するという

遊びをやっていたそうです

 

一つの引き出しを

深く

奥まで開けるのではなく

浅く、広く、開ける

何かを深めることに、興味ナシ!

 

新しいモノ、コト、ヒトも大好きで
好奇心旺盛、いつも駆け回っていた

 

それは、

子供だったからじゃない!

"三つ子の魂百まで"

大人になった"今"でも

それでいいのだ!

と、悟りました

 

私は、

浅く、広く

そう在ることを

自分に許す!

 

 

どうしたって、

"狭く、深い人"には
敵わないかもしれない

職人気質にも

相変わらず"憧れ"続ける

井の中の蛙大海を知らず
されど、空の青さを知る

やっぱり

この言葉を

羨ましくも感じる

 

 

けど、

私は私

井の中の蛙にはなれない

空の青さだけじゃ満足できない
もっと、大地を走り回りたい!

 

きっと、

一つの場所だけに留まっていたら
そのうち死んでしまうでしょう…
(何度か死にかけました!)

 

それはイヤです

 

自分を殺すくらいなら、

私は、

ただのカエルでいい!

"普通"のカエルに
与えられているのは

自由!

私は、

その"自由"を最大限に利用して
色々な世界を飛び回っていたい!

 

狭くもない
深くもない

でも、

広さなら誰にも負けない!

 

そう豪語できるほどに

色々な世界を

つまみ食いする

そういう"自分"になります

 

 

狭く、深く、究める人がいれば
浅く、広く、駆け回る人もいる

 

違いがあっていい

 

私は、

圧倒的に

後者!

 

それでいい

 

私は、

これからも

つまみ食いキャリアを
"誇って"生きていく

我が儘に

自分を生きることを

ここに誓います!

 

 

「私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》