「漢方薬」で「氣」を入れる

 

漢方の考え方で

気血水

というものがあり

この3要素がバランスよく
カラダを巡っている状態が

理想的だと言われています

が、

私自身、

気:エネルギー(元気、気力、やる気…etc)
血:血液

特に

"気"が不足しがちです

 

 

なぜなら、

私は、

生まれ持った気質が故に
※HSS型のHSPという気質

気づく、気を遣う、気を張る
気にする、気持ちを察する

など

過剰に

神経を

すり減らしてしまうからです

 

"神経"がすり減り
ストレスを感じると

まず、

胃腸がダメージを受け

食べたもの達が何も
カラダに入ってこず

食べ物から"基本的"な
エネルギーを得られない

更に

血にもならないという事態に!

 

そして、

そうした状態が続くと

自律神経が乱れ

"原因不明"の
カラダの不調へ

と、陥ってしまうのです

 

 

ホント、

結構、

長い間、

なぜ、こんなにツライのか?

と、

悩んでいました

 

一時期、

ベッドから起き上がれない…

そんな頃もありましたから!

 

けれど、

ある時

幸運なことに

熱心なヒアリングと
幅広い漢方の知識で

私に

ピッタリな漢方を
処方して下さった

主治医の先生に
出逢えたことで

劇的に回復しました

 

 

とはいえ、

一時的に回復はしても

生まれ持った"気質"は
変えることができません

また

エネルギー不足に陥る
"可能性"はあります

 

なので、

私は、

現在も

漢方は健康アイテムの一つとして
"生活"に取り入れ続けています

 

主に、

気を補ってくれる漢方をベースに
血液に関係する漢方をプラスして

体調をコントロール

 

 

他にも

食事に関しては

胃に負担がかからないように
疲れている時はスープ系が◎

"小麦系"はできるだけ避けて
補気が期待できるお米を中心に

キホン、

和食

 

食べたくないものは
食べなくていいもの

どれほど

健康にイイ!と
言われていても

玄米、海藻、生野菜、牛乳…etc

自分の"胃"がイヤだ!と
訴えているものは禁止です

 

あとは、

サプリではないですが

黒っぽい食材を
パウダーにした

栄養補助食品を味方にしたり

と、

無理をせず

自分の体調と付き合っています

 

 

とにかく

上手く

バランスを取ること

それが重要なのです!

 

生まれ持った"気質"を
コントロールすることは

なかなか

難しいものです

が、

自分のカラダに適したものを
上手く摂り入れていくことで

解決できる"課題"

意外と

沢山あります

 

TV、雑誌、WEB…etc

と、

色々な情報が自然と入ってくる
情報過多の時代ではありますが

私は私

自分に合う、合わないを

しっかり見極めて

我が儘に

コントロールしていきましょう

 

 

私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》