「はじまり」を「未練」が邪魔する

 

終わったことをいつまでも

ああすれば良かった…
こうすれば良かった…

と、

クヨクヨと引きずって

なかなか

次へ向けて

気持ちを切り替えられない

"未練"がましい自分が
心の底から大嫌いでした

 

 

しかしながら、

それは、

生まれ持った気質が故に
※HSS型のHSPという気質

過去を再生して
傷つき直したり

落ち込みやすく
自分を責めたり

と、

なかなか

過去を断ち切って
進むことが難しい

そういうタイプの人間である

と、

自分自身を受け入れられてから
180度捉え方が変わりました

 

 

未練がましいのは
未練がましいまま

変えることは難しい

では、

どうしたらいいのか?

と、

こう考えるように!

 

 

その"答え"として

私が取り組みはじめたのが

ひとり反省会です

 

何かが終わりを迎えたら

必ず、

ひとり反省会と称して
きちっと時間を確保し

どっぷり

反省します

未練を味わい尽くす

 

その際、

次、

同じような機会に恵まれたら
何を?どう対処していくか?

未来の"自分"に対して

"解決策"やアドバイスを
書き残すようにしています

反省を次に活かすということ

 

 

また

これは少々、

荒業ではありますが、

次に旅立つ前には、必ず

大々的に

捨てます。

 

過去の自分を象徴する

"すべて"を捨てるのです

一度、

"0"にする

 

"0"の儀式

 

これは、

極めて、

荒々しいやり方ですが

目に触れる場所にいつまでも
未練を残しておくと進めない

断ち切れないからです

 

 

なので、

次へ進もう!

と、強く想う時ほど

捨てるものは多くなります

 

そのくらいしなければ

前進できない…!

それが、私

 

 

きっと、

周りにいた人は

人生リセット

と、捉えているかもしれません

が、それとは似て非なるものです

 

"脱皮"に近い、感覚

これが"私"らしい

前進の仕方

 

私は、

"未練"に引きずられながらも
次への衝動は抑えられないから

 

だから、

誰に何を言われたとしても
自分なりのやり方を信じて

前に進んでいきましょう!

 

 

「私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》