「喫茶店」は「椅子取りゲーム」

 

カフェでノートを開き

ひとり、静かに、

内省を愉しむ

 

私は、

この時間が大好きです

 

 

究極の"癒しタイム"

 

 

自分に"響く"場所で
"内省"をすることが

一番、

ストレス発散になります

感覚を潤すこともできる

 

 

しかしながら、

時間を過ごすカフェや
座る場所を間違えると

逆に

ストレスを受けてしまう

可能性があるので

注意が必要です

 

 

というのも、

私は、

生まれ持った"気質"が故に
刺激を受けやすいタイプで、
※HSS型のHSPという気質

 

"好き"な場所なら"癒される"けど
"嫌い"な場所では疲れてしまいがち

 

なので、

自分の好きな環境を
我が儘に選ぶことで

受ける刺激を減らすようにしています

 

例えば、

・窓から緑が見えている
・無機質で洗練されている
・美しく、デザイン性のある
・心地よい音楽が流れている

など

"五感"を解放できる
"空間"を選ぶのが◎

 

 

また

場所がいくら素敵でも
座る席がNGであれば

全部、台無しです!

 

とにかく、

私は、

ガヤガヤとしていたり
人の声が反響している

騒々しい場所が苦手です

 

なので、

席予約ができれば

必ず、

"窓側"の静かめな場所を
予約するようにしています

予約できない場所は

オープンと同時に入って
込み合う前に退散する!

 

 

ただ、

静かは、静かでも

意識が渋滞する場所は
かなり苦手である、私

 

一度、

"ライブラリーカフェ"に
行ったことがあるのですが

店内は"満席"であるにも関わらず
静まり返った場所で全員がモクモク

意識だけを働かせていて

静かだけど、煩いな…

と、感じてしまい

私には不向きでした

 

 

"気配"も雑音に感じるということ

 

 

それよりは

まだ

満席だけれど

ひとりの人と
複数の人とが

混ざり合い

程よいボリュームで

食べていたり
話していたり
作業をしたり

という場所のほうが

私は、

居心地がいいと感じます

 

 

最も

ダメージを受けてしまうのが

あまりにもテンションが違いすぎる
テーブルの隣に座ってしまった時で

これは完全に"運"もあります

が、

その場合は

速やかに

店員さんに"お願い"して
席を移動させてもらいます

 

難しければ

サッと

お会計をして立ち去るべし
(とはいえ、最近、そういう席の隣は上手く避けられています)

 

 

"周り"を変えることはできないけど
自分の感覚はコントロールできるから

 

 

我慢はせずに

自分が身を置く環境は
できる限りこだわって

我が儘を聴いてあげる

居心地のいい"選択"をしていき
本来の"自分"であり続けること

 

それが、

自分の"気質"と上手く
付き合っていく術であり

ネガティブな面と
ポジティブな面の

バランスを取りながら

楽しく生きていくコツです

 

 

「私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》