誘われたら、動かない

 

その昔、

お誘いを受けたら

必ず、

自分が"相手の場所"へと
出向くようにしていました

 

誰に対しても

駆け出し感が抜けず

お誘いを受けたことに
恐縮して"気"を遣い

自分が動くのが礼儀だと
相手に合わせていました

 

 

しかしながら、

私は

生まれ持った気質が故に
※HSS型のHSPという気質

刺激を求めて
新しい場所へ

出向くことは好きでも

刺激を受け過ぎることによって
疲れすぎてしまうという事態に

ある時

直面しました

 

刺激を受ける楽しさより
刺激を受ける疲れの方が

遥かに上回ってしまうのです

 

 

エネルギー枯渇を招く

 

 

"エネルギー"が枯れてしまうと
"行動力"がなくなっていきます

本当に

やりたい!と思っている事に
動けなくなってしまうのです

 

 

それは困る!

ということで、

私は、

現在、

誠に生意気ではありますが

お誘い及びお打ち合わせに関しては
下記のルールで動くと決めています

 

1.

自分からお誘い&依頼をした場合は、

相手の都合を優先して
相手が希望する場所に

自分が出向く

 

2.

相手からお誘い&依頼を受けた場合は、

自分の都合を相手に"伝え"
自分の希望場所にお越し頂く

 

例え、

相手が

自分より

先輩&目上の方であっても
なるべく動くことはしない

と、誓っています

 

毅然として挑むべし

 

相手によってルールを変えていては
エネルギーを管理することは難しい

余計に

疲れてしまいます

 

それよりは

誰に対しても態度を変えず
自分のルールを守っていく

そういう"自分"である方が

私は応援できる

 

 

特に

条件面では心躍るのに

何となく気乗りがしない…

引っ掛かりのある

お誘い及び依頼に関しては
2を心に留めて対応するが◎

 

はじめての場所に出向くと
気持ちがフワフワ浮くので

NOと思っていても
言い出せなかったり

本質を見誤る

可能性大!

大事なことは

自分のホームで伺うがベストです

 

 

とはいえ、

何事も

case by case

用件によっては

相手の希望に合わせ
自分を譲ったほうが

お互いに"スムーズ"に
進むこともあるでしょう
(その場所に持ち出しNGの資料があるなど)

 

その辺りは

あまりガチガチになりすぎずに
自分の直感&本音にしたがって

キホンは、

ルール通りに!

 

我が儘に

進んでいきましょう

 

 

「私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》