「部屋」は「調和」を重んじる

 

私は、

生まれ持った気質が故に
※HSS型のHSPという気質

モノの"気配"にも敏感で
色々と感じてしまうタイプ

です

 

 

そのため、

ゴチャゴチャと秩序なく雑然と
色々なモノが散らばっていると

目から"雑音"を感じて
とても疲れてしまいます

モノはおしゃべり

煩く感じるのです

 

特に

・デザイン性に乏しいモノ
・統一感のない色味のモノ
・文字が書かれているモノ
・生活感に溢れているモノ
・キャラクターっぽいモノ
・アンティークや古いモノ

が、苦手です

ノイズがする

 

 

なので、

私は、

自分の過ごす"環境"には
こだわるようにしています

 

 

部屋は調和を重んじて
モノは少なくスッキリ

 

色味は、

白、黒、ダークブラウンで統一し
暗めトーンの差し色を少々プラス

デザインは"一貫"させて
静謐な空間づくりを心掛け

統一感を大切に
落ち着かせます

 

この空間に異質なモノが
ポンッと侵入してくると

とても疲れてしまうので
合わないモノは捨てます

 

 

基本的に

ほとんどモノは持ちません

 

 

本当に自分が好きと感じる
厳選したこだわりのモノを

少しだけ招き入れ
永く付き合います

が、

関係性が終われば
すぐにサヨウナラ

 

終わったモノにいつまでも
自分の空間に居座られると

気持ちが"重く"なるので

"ストレス"は瞬時に
消すようにしています

 

掃除もマメにするが◎

いつも凛とした部屋であるように
少しでも時間があればパタパタと

 

 

とにかく、

私は、

家を一歩出た瞬間から
刺激を受け過ぎるので

いかにして部屋の中を
癒しの空間にできるか?

が、勝負なのです

 

部屋が整っていると
疲労回復が早いから

 

自分が過ごす"環境"を整えるだけで
お手軽に自分を"癒す"ことができる

ということ

 

"刺激"を受け過ぎてしまう"気質"は
ネガティブにもポジティブにも転びます

だから、

できる限り

ポジティブな面を生かして
自分を大切にしたいものです

 

 

「私のトリセツ」のバックナンバーはコチラ》