「リクエスト」には応えない

 

自分が書きたいものを、書く

と、

自分に誓っても、誓っても

揺れてしまう時があります

 

それは、

昨日の記事に感動しました!
また同じテーマで書いてください!!

といった感じのメッセージを
読者の方からいただく時です

 

嬉しいです。

 

素直に、

本当に、

いつも、

飛び上がるくらい嬉しい…!

 

 

でも、

例え、

どんなに嬉しく
舞い上がっても

そこで私がリクエストに応えて
書きたいものを譲ってしまえば

それは、

もう、

私の"表現"じゃない

"私"ではなくなってしまう

 

 

だから、

本WEB-MEDIAに
引っ越してからは

頑なに

リクエストには応えない

と、決意しています

 

嬉しいメッセージを下さる方には
いつも本当に申し訳ないのですが

もう、

これだけは絶対に譲れません
 (でも、いつも感謝して拝読しています!)

 

 

昔、

AmebaBlogで書いていた頃は

とにかく

揺れに、揺れていました

 

アクセス数やいいね!が増えれば

こういう記事がウケるんだ!

と、同じテーマの記事を量産して

書きたいものより
数字を第一優先に

自分の"欲求"よりも
誰かの評価を気にして

自分を失くしていました

 

 

しかしながら、

そうやって

媚びて、媚びて、媚びて

迎合する癖がついた、私

気が付けば

世間に、社会に、誰かに

認められることにひれ伏して

奴隷に成り下がり

自分の"意思"を失った

 

 

誰かに飼われた者を
表現者とは呼ばない

 

 

でも、

最近、

幾つもの"自分"を乗り越え

ようやく、ようやく、よーやく…!

自分が還ってきました

 

だから、

今度こそ、克つ!

誘惑に

もう、甘い言葉には溺れない!

と、そう誓わずにはいられない

 

 

私は"誰"のために書くのか?

それは、

自分自身です

私は私のために書き捨てる

絶対、

今度こそ曲げない!

 

 

そんなに自分を曲げたくないなら
なんでWEBに公開なんてするの?

という"声"が聞こえてきそうです

 

その答えはいたって、明快

私は、

"たたの文章"ではなく
"作品"を創りたいから

です。

 

世間に、社会に、誰かに

発表してはじめて
作品は完成します

 

自分の中で書き綴っているのは
ただ"文章"を書いているだけ

それはそれでいい◎

けど、

私はそれじゃ、ダメ

それで満たされるような人間ではない

もっと、強欲だ!

 

ちゃんと

"表""現"われている

そういう状態に持っていきたいし

必ず、持っていく

そうせずにはいられない

 

 

だから、

今、ここで宣言しよう!

 

ここに書き記すことは

私が私にする"宣言"です

 

今度こそ、

100%、

全力で"自分"していく!

 

私は私

 

願わくば

この宣言だけは

永遠に撤回しませんように