天国と地獄!インビザラインは「歯科医院」の選択が「運命」を決める

 

インビザライン生活が終了した

今、現在

私が思うこと

 

 

それは、

インビザラインを
スタートするなら

自分自身に合った
歯科医院を慎重に

選択することが超重要!

ということ

 

なぜなら、

インビザライン自体が
まだ始まって間もなく

まだまだ

未知なる部分の多い
"矯正方法"であり

インビザラインをやっている
矯正歯科医院も"多種多様"

その"治療計画"も
担当の先生によって

千差万別だからです

 

 

実際、

私は、

インビザラインはじめる前に

治療計画を作成する検査を
"2回"受けたことがあり

歯科医院によって

こうも違うのか!

と、

驚愕したのを覚えています

 

 

なぜ、

私が、

検査を"2回"も
受けたかというと

通院することを決断した
"矯正歯科医院"の前に

もう一つ

別の歯科医院で
治療することを

検討していたからです

 

最初に検査を受けた
"X歯科医院"では

検査結果を聞いたとき

何となく

モヤモヤとして

治療に踏み切れず

一度、

断念!

 

 

しかしながら、

やっぱり、

諦められず、

インビザラインに関する
情報をネットで収集して

インビザラインについての
"基礎知識"を学びました

 

その結果、

冒頭で綴った内容

"インビザライン"だけを
専門的に行っている先生が

存在しているということ

など、など、などを知り

こう考え直したのです

 

一瞬の迷いもなく

ここだ!

と、思える

自分に合った歯科医院を
スーパー真面目に探そう

と!

 

 

そう閃いてから

私は、

更に

リサーチを続けて

最終的に

最近、無事に矯正治療を終えた
青山アール矯正歯科に辿り着き

決断!

現在に至るというワケです
(只今、絶賛リテーナー中です!)

 

 

今でも、

初回相談の時に

ここでやりたい!

と、

直感的に

"決意"したことを
よく覚えているので

あの時、あの瞬間

"何が"決定打になったのか?を
書き残しておきたいと思います!

 

 

インビザライン専門

私は、技術的なことをお願いする際には、必ず、そのジャンルを専門的に行っている方にお願いするようにしています。なぜなら、技術という観点においては、一つを極めている場所の方が、その専門性に共鳴するモノ、コト、ヒトが自然と集まって厚みとなり、"質"が高まるからです。それは例えば、フォトグラファーさんに"フード写真"をお願いする場合も同じ。風景も人物も食事も撮ります!という方より、フード写真一筋のフォトグラファーさんにお願いした方がスピードも仕上がりも◎(フード写真も特殊な技術を要するため)実際、私はインビザライン専門の歯科医院に通院していたおかげで、様々な治療を平行して行っている歯科医院では聞けない豆知識や小技などを習ったり、トラブルが起こった時は、瞬時に且つ臨機応変に対応してもらえたりとスムーズに終えることができました。

数字

これは絶対に外せないポイントです。私は極度の"不安症"なので、できれば経験豊富な先生、治療実績件数の多い歯科医院に通いたいと思っていました。私がインビザライン治療を決断した青山アール矯正歯科は、症例件数が約3000件(2018年まで)。そのため、初回相談の際や通院後の検診時に、何を質問しても明確な"答え"をいただけて常に安心でした。

全員、矯正経験者!

インビザラインをやっている歯科医院の先生の中には、インビザライン経験のない先生もいらっしゃいます。別にそれは悪いことではありません。が、私は、インビザライン経験のある先生にお願いしたいと考えていました。やっぱり、歯列矯正自体が特殊なもの。治療中に心折れそうになった時や不安な時に共感してもらえたり、経験談を聞きたいと思っていたからです。その点、私が通院している青山アール矯正歯科では、院長先生をはじめスタッフの歯科衛生士さんもインビザライン経験者及び矯正経験者ばかり!特に心強かったのは、現在進行形でインビザラインをやっているスタッフの方が多かったので、気軽に相談やアドバイスを聞けて嬉しかったです。

美しい環境

インビザラインは歯を綺麗にするポジティブなもの!と分かってはいながらも、やはり、歯の治療はテンションが下がるものです。なので、私は、自分の好きな場所にある、訪れるたびにテンションが上がるような美しい空間の歯科医院に通いたいと願っていました。そういえば、私が最初に青山アール矯正歯科に訪れた際、「空港かホテルのロビーみたい…綺麗!」とテンションが上がったのを覚えています。美しくなる場所は、美しく。これは私のモットーなので、ピッタリの場所に通えて良かったです。

メリット&デメリット

最終的な決め手はこのポイントでした。初回相談の時に院長先生がインビザラインにメリット&デメリットをハッキリ伝えてくださったことです。もしかしたら、デメリットの部分の方が多かったかも知れません(笑)「そこまでズレはひどくないよ。本当にする?」と、"覚悟"を聞いてくださったことも有難かったです。やっぱり、歯列矯正には"覚悟"がいります。最後までやり切る、覚悟。特に、インビザラインは取り外しができるので、自分の意志の強さが必要。なので、院長先生の説明からインビザラインのポジティブとネガティブを統合し、自分でやるんだ!と決められたことが決め手となりました。

以上です!

 

 

私が思うに、

インビザラインを
始めるにあたって

歯科医院を選択する
ポイントとなるのは

良いか、悪いか

ではなく

 

"自分自身"にとって

合うか、合わないか

そこに尽きるということ◎

 

 

"合わない"は、地獄

 

 

それは別に

"インビザライン"に限った話しではなく
何に関しても自分の選択基準を持つことが

非常に

重要です

 

それが、

自分自身にとって

良い"結果"を招くための
秘訣ではないでしょうか?

 

 

インビザラインのバックナンバーはコチラ》