「インビザライン」で「再矯正」したワケ

 

約2年の月日を経て

先日、

"インビザライン"での
歯列矯正が終了しました

 

 

実は、

私は、

タイトルの通り

再矯正です。

 

一度目は、

高校生くらいに

ワイヤー矯正をしていました

が、

"リテーナー"をサボり
ガタガタにズレるという

自業自得

 

 

しかしながら、

年々、

少しずつ

ズレがひどくなっていき
"鏡"で歯を見るたびに

ああ、

どうして"私"は、

せっかく両親がお金をかけて
治してくれた大事な"歯"を

ちゃんと保てなかったのだろう?

と、

罪悪感!

 

悔やんでも、悔やみきれない

 

そんな

後悔の念がMAXの時に

"インビザライン"という
マウスピース矯正と出逢い

再矯正に踏み切ったのです

 

 

今、

こうして綴っていると
あっさりしていますが

再矯正に踏み切る前は
随分、悩んでいました

 

悩んだ期間は、

約9ヶ月

 

その間、

自分の中で

こう葛藤していました

 

 

インビザラインって、

マウスピースを1日約20時間も
装着してなきゃいけないんでしょ?

食べ歩きとか、お茶とか
大好きなのにできるの?

てか、

もう、20代じゃないワケで
今からはじめて終わるの何才?

これから女優にでもなるつもり?
誰も他人の歯なんて見てないよ!

お金も、時間も、膨大にかけて
途中で投げ出したらどうするの?

と。

 

ホント、

ずーーーっと

こんな言葉が頭の中を
駆け回っていましたね

 

 

でも、

最終的に

踏み切ったのは、

やっぱり

自分自身のためです

 

今が"何歳"だとか、
誰も見てないとかは、

関係ない!

 

この先、

きっと、

まだまだ

人生は続くハズで

その間、

ずっと、

鏡を見るたびに

リテーナーをサボった自分を
責め続けるのは絶対にイヤだ!

 

毎日、

自分の歯を

見て、磨き、噛む

それは、

他の誰でもなく

自分自身

"自分"の気持ちが明るくなることを
やってあげるのは悪いことじゃない!

 

どうしても、

変えられないことなら
受け入れないとだけど

やったら変わる!

"挑戦"すれば変えられることを
知っていながら見ないフリをする

やらない"自分"はない!

 

今、やらないと

絶対に後悔する!

と、強烈に思ったからです

 

 

そして、

そう決意してから

約2年間

一瞬でしたね

 

 

終了した

今、現在

インビザラインに挑戦してくれた

自分自身に感謝しています

 

毎日、

歯を磨くのが
楽しくなった

 

不安に感じていたことは
全部、"杞憂"に過ぎず

人間は慣れる
生き物である

嫌だ!をやるのはダメですが
怖い!に飛び込むのは、アリ

ということも身をもって、学び

人生経験レベル1UP!

 

 

人生経験と言えば、

ワイヤー矯正をしていたことは
"インビザライン"をする上で

非常に

プラスになりました

 

ワイヤー矯正はツラかったので…

インビザラインを
最初に装着した時

え?こんなに"楽"なの?
なんだ、大したことないな

と、思えたのです

 

そう考えると、

後々、

インビザラインをやり切ったことも
何か役立つ時が来るかも知れません

 

 

とはいえ、

こう言うと、

たかが、

歯列矯正くらいで大袈裟な!

という声が聞こえてきそうです(笑)

が、

いやいや、

結構、一大事ですよ!

何十年もそのままの

"歯"を動かすのですから!

 

その大変さを

無意識に察知しているから
後ずさりしてしまうのです

 

やるか、やらないか?

迷って、当然!

 

 

だからこそ、

終わった時の

"喜びはひとしお"

 

挑戦する前の"不安"が
大きければ、大きいほど

未来に掴む"喜び"も、大きい

 

迷いや"不安"を振り切って
手に入れた"今"は格別です!

と、

私は、

過去の自分に

伝えたい。

 

この先、

何かに躊躇する

"自分"を見かける度に

そう"声"をかけてあげたい!

と、想っています

 

 

インビザラインのバックナンバーはコチラ》