「挨拶メール」は「迷惑メール」と同じ

 

"名刺"をもらった相手には
翌日中に挨拶メールを送ること

 

 

それが"常識"だから!

という

大人達の教え通りに
何の"疑い"もなく

 

10人と交換したら、10人全員に!

 

コツコツと

時間を割いて送っていた、私

 

この一通の挨拶メールから
何かに発展していくかも!?

そんな淡い期待も、アリ

文面に一工夫して、送信

 

結構、

長い間、

習慣にしていました

 

 

ですが、

ある時、

結局、

挨拶メールにかけた時間に対して
得られるものは1/10000000だな…

なのに、

疲れる!

エネルギーを膨大に
"消費"してしまう

と、気づき

完全に

撤退!

 

挨拶メールは

もう、送らない!

と、誓い

現在に至ります

 

 

思い返せば、

"常識"に縛られ
損得勘定に駆られ

嫌々、

仕方なく送っていました

が、

なんと!

失礼なことでしょう

 

そんな心情で送られても
受け取った側も"迷惑"

 

私が

義務的に送った
挨拶メールなど

きっと、

迷惑メールと同じ

 

今、

過去を振り返り

猛省しています

 

 

ゴミ箱があったら入りたい

 

 

そもそも、

考えれば、

自分には、

まったく、

向いていません!

 

キホン、

"必要最低限"の
事務的メール以外

苦手なので!

 

 

そうであるにも関わらず

無心で

何年もやり続けた、結果

心を亡くした

 

今、

ようやく

理解しました
(なぜ、ここ数年、エネルギーが枯れていたのか…)

 

心を亡くして
何かをすれば

益々、

忙しくなり

エネルギーを消耗して

自らを失くしてしまう

 

ホント、

心を亡くすようなことを
やってはいけないのです

痛感します

 

 

なので、

私が、

今、現在

名刺をいただいて

メールをお送りするのは

仕事を

依頼する時だけです

 

エネルギー消費が激しいので

挨拶メールは送らない、返さない

を、ルールにしています

 

 

ほんの少し前は、

今日明日ではないけれど

近い将来

仕事をお願いしたい方には
とりあえず送っていました

が、

それも辞めました

 

お願いしたい

その時、その瞬間

メールを送ればいい!

別に問題ない

変に気を遣う必要は、ナシ

 

 

とにかく、

私は、

もう、

心が動かないことは

一切やりません!

 

"心"がついてこないことは
倍のエネルギーを要するから

エネルギー枯渇を招く

 

"やりたくないこと"は
やらなくていいことです

やりたくない…!

そう感じた瞬間、捨てる!

 

エネルギーを上手に
循環させるためには

瞬時の判断が◎

 

 

"常識"だって関係ない!

 

 

世の中で

常識と呼ばれているものは
ほとんど試してきたけれど

やっても、やらなくても

さほど

変わらない

 

 

だから、

私は、

風の向くまま
気の向くまま

本心に従って
生きていこう!

と、思っています

 

私は私

 

我が儘に

自分の"常識"を生きる

そう決めたのです

 

 

「私の革命学」のバックナンバーはコチラ》