「トントン拍子にいかない!」は「止まれ」の合図

 

Go with the flow…

流れのままにいく

 

私はこの言葉が好きです

 

 

しかしながら、

昔は、

この言葉とは、真逆

よく、よく、よく

流れに逆らって
生きていました

 

進まない

モノ、コト、ヒトに

突入して、
藻掻いて、
足掻いて、

今、現在使っている
エネルギーの何十倍?

いや、

何百倍ものエネルギーを
消費&浪費していました

 

 

でも、

ある時、

気づいたのです

 

アクションを起こした時に感じる
小さな引っ掛かりは止まれの合図

トントン拍子に進まない道は

そもそも

自分には合っていない道だ!

と。

 

物理的に、
論理的に、
経済的に、
根本的に、
条件的に、
感覚的に、

そして、

本質的に、違う!

 

 

でも、

エネルギーが有り余っている時は
"トントン拍子"に進まなくても

"勢い"があるので
何とかしようとする

 

けれど、

それが落とし穴で

勢いのままに
流れに抗うと

当然、

疲れます

が、

ハイになっていると解からない

 

すると、

続ければ、続けるほど

自分の想像を遥かに超える
エネルギーを遣ってしまう

 

そうであるにも関わらず

更に

突き進むとどうなるか?

やはり、

そこは、

人間です。

途中で、

バタリッと息絶えます

 

 

これが、

私が、

表現欲を失った
"原因"の一つ

 

 

なので、

それ以来、

私は、

トントン拍子にいかないことは、捨てる!

と、決めています

 

漫画『Paradise Kiss』の中でも

トントン拍子に進んでいけるのは
その道が自分に合ってる証拠だよ

という台詞がありますが

まさにその通り!

 

なのに、

なぜでしょう?

私達は、

いつだって、

困難な道を選ぶクセがある

 

試練を乗り越えていかないと
何も叶えてはいけないような

錯覚に陥ってしまう

 

けど、

完全に

幻覚です!

 

 

実際、

私は、

トントン拍子にいかないことを捨て
トントン拍子にいくことだけを選び

自分に"正直"に生きているだけで
勝手に道が開けるようになりました

モーゼの十戒のごとく

目の前がサーッと!

 

 

だから、

もし、今、あなたが

何か、気持ちが上がらない…
何か、タイミング合わない…
何か、スピード感が出ない…

そう思っているにも関わらず

無理矢理

"いばらの道"を突破しようと
闘志を燃やしているのであれば

ちょっと、

待ってください!

 

トントン拍子に
進まないことは

止まれ!の合図

 

選んだ道は

本当に進みたい道ですか?

この質問で少しでも
気持ちが揺れるなら

一度、

捨てることです

 

 

執着しない

 

 

そうすれば

きっと、

自分の流れに乗るでしょう

 

ポジティブな出来事も
ネガティブな出来事も

全ての"プロセス"は
必要だから起きている

私達には

必要なことしか起きないから

 

自己信頼

 

自分の感覚を信じて
自分らしい"道"を

トントン拍子に進んでいきましょう!

 

 

「私の革命学」のバックナンバーはコチラ》